ヘッダー
TOP PAGE / 病院 町田 健康診断 原町田診療所

病院 町田 健康診断 原町田診療所
原町田診療所の想い
このような症状はありませんか?
生活習慣病外来
病院 町田 健康診断 原町田診療所
健康診断について
各種オプション検査
検査の流れ
健康診断を実施したい事業所の方へ
健康診断の成績の見方
病院 町田 健康診断 原町田診療所
原町田診療所News
診察のご案内
よくある質問(Q&A)
リンク集
病院 町田 健康診断 原町田診療所
医院概要・アクセス
院長紹介
院内・設備紹介
お問い合わせ・サイトポリシー
病院 町田 健康診断 原町田診療所

病院 町田 健康診断 原町田診療所
  健康診断の成績の見方

健康診断の成績の見方について

◎身体計測
肥満は生活習慣病の大きな原因の1つです。身長・体重の
バランスの一応の目安として標準体重・BMIがあります。

標準体重=身長[m] x 身長[m]x 22
BMI=体重[kg]÷身長[m]÷身長[m]
体重の正常範困は標準体重の±10%以内
※+10%以上は肥満と判定されます。
身体計測

◎血圧
最高血圧160以上、最低血圧95以上を高血圧、最高血圧140〜159、最低血圧90〜94
を境界高血圧といい、高血圧症として扱います。判定は、数回測定して決めます。
血圧は、高血圧症・動脈硬化・心臓病などの診断に役立ちます。

◎尿検査
○糖
陽性の時は糖尿病の疑いがあります。
○蛋白
腎臓、膀胱、尿道などに異常があると陽性になります。
○ウロビリノーゲン
肝臓、胆道系疾患などで陽性になります。
○潜血
腎臓、膀胱、尿道などに異常があると陽性になります。
女性は生理中陽性となってしまいます。

◎血球計算
○ヘモグロビン(Hb)
へモグロビンは赤血球に含まれ、酸素を赤血球内に取りこんだり、放出したり
する働きがあります。その増減により、多血症や貧血が判ります。
○赤血球数(RBC)
赤血球は体内に酸素を運搬し、生命の維持に重要な役割を果たしています。
貧血のときは減少します。
○へマトクリット(Ht)
血液中にためる赤血球の容積の割合を示し、貧血のとき減少します。
○白血球数(WBO)
白血球数は炎症の有無やその程度、血液疾患などを知る目安となります。
喫煙で上昇することがあります。

◎血清脂質
○総コレステロール(T‐Ch)
動脈硬化の進みぐあいを知る重要な手がかりとなります。
糖尿病や甲状腺機能低下などの場合も高値を示します。
○HDLコレステロール・LDLコレステロール(HDL-C・LDL-C)
HDL・LDLというそれぞれのリポたんぱくによって運ばれるコレステロールを調べます。
2つのリポたんぱくは全く別の働きをしており、HDLが血管壁にたまったコレステロールを肝臓に
運ぶため、動脈硬化防止につながる「善玉コレステロール」、LDLが肝臓のコレステロールを体の隅々に運び動脈硬化を促進するため「悪玉コレステロール」と呼んでいます。
○中性脂肪(TG)
中性脂肪は主に皮下脂肪となり、エネルギー源として利用されますが、甘い物を取り過ぎたり、
アルコールを飲み過ぎると血中濃度は高くなります。
糖尿病や肥満、動脈硬化などでも高値を示します。

◎肝臓(胆のう・膵臓)
○GOT・GPT
GOTやGPTは肝臓の細胞中に多く含まれている酵素です。
肝炎・肝硬変などで上昇します。
○γ−GTP
アルコール性肝障害や脂肪肝などで上昇します。
また、胆汁の排泄が障害されると上昇します。
○ALP
ALPは肝臓でつくられる酵素で、肝臓・胆管・骨などに多く含まれ、
肝汁の流出障害などで上昇します。また、成長期には骨がのびる
ため、骨から出るALPで高値を示す場合もあります。
○HBs抗原・HBs抗体・HCV抗体
肝炎の原因としてA型、B型、C型などのウイルス性肝炎があります。
衛生環境の良い日本ではA型肝炎は殆どなく、血液を介して伝染
するB型、C型肝炎が多くなっています。HBs抗原・抗体検査では、
B型肝炎、HCV抗体検査はC型肝炎に感染しているかどうか調べます。

◎腎臓
○クレアチニン
クレアチニンは腎臓から尿中に排泄されますが、腎炎などて排泄障害があると血中の値が上昇
します。高値は、腎障害の程度に比例します。
○尿酸
尿酸の生成増や腎臓の排泄障害で血中濃度が増えます。
高値が続くと、足の指などに沈着し、痛風になる危険か増加します。
○尿素窒素
腎臓の働きが悪くなると速やかな排泄ができず、血中濃度が高くなります。

◎糖尿病検査
○血糖
血糖は血液中のブドウ糖の濃度です。血糖は主にインスリンというホルモンによって調節されま
す。糖尿病の場合は一般にインスリンの分泌が悪く血糖が上昇します。
血糖値は食後の経過時間と関係があり、基準値も変わりますが、空腹時血糖が正常範囲内で
も、食後血糖値が急激に上昇する場合は、糖尿病と同じ対応をします。
食事時間に関係なく、血糖値が200mg/dlを超える場合、糖尿病である可能性は極めて強いと
考えなければなりません。
○HbAlc(へモグロビンAlC)
過去1ケ月位前の血糖の平均値が推定できます。糖尿病の診断・経過観察に有用です。

◎胸部レントゲン
気管支の異常、心臓の形態と異常、肺結核、肺ガン、胸部疾患などの検査てす。
間接撮影(小さいフィルム)・直接撮影(原寸大フィルム)があります。

◎心電図
心房・心室の肥大、心筋障害、不整脈などの発見に役立ちます。

◎眼底検査
眼底の血管などの様子を観察して、眼疾患・高血圧・動脈硬化・糖尿病・腎臓病などの病気の
有無や程度を知る事ができます。

◎超音波検査
一般に、肝臓・胆のう・膵臓・腎臓などの形状をみるのに有効で、苦痛のない検査です。
ガン・結石・ポリープ・のう胞・脂肪肝など、各臓器の異常の発見に役立ちます。
また、心臓の超音波検査は、心臓弁膜症や心肥大など、心臓の病気の発見に、乳房の
超音波は乳がんの発見に役立ちます。

◎消化器検査
○胃部レントゲン
食道・胃・十二指腸球部の粘膜の変化を調べ、潰瘍・ガン・ポリープなどを発見します。
○便中ヘモグロビン検査(便潜血)
便に微量な血液が含まれているかどうかを調べる検査で、陽性の場合には痔または、消化管
に潰瘍・ガン・ポリープなどが存在する可能性があります。

ご予約・健診のご依頼はお気軽にお問い合わせ下さい。
お電話でお問い合わせの場合
TEL:042-722-6665
メールでお問い合わせの場合

原町田診療所へのアクセスはこちら

Page top▲

サイトマップ
TOP PAGE
【近隣にお住まい・お勤めの方へ】
原町田診療所の想いこのような症状はありませんか?生活習慣病外来
【健康診断・人間ドック】
健康診断について各種オプション検査検査の流れ健康診断を実施したい事業所の方へ
健康診断の成績表の見方
【インフォメーション】
原町田診療所News診察のご案内よくある質問(Q&A)患者様の声リンク集
【原町田診療所のご案内】
【原町田診療所のご案内】
医院概要・アクセス院長紹介院内・設備紹介お問い合わせフォーム・サイトポリシー

COPYRIGHT(C)2008 医療法人社団多摩医療会 原町田診療所 ALL RIGHTS RESERVED.